投資情報.com 売れるマンションの条件
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

売れるマンションの条件

マンションが売れなくなっていると耳にして久しいですが、そんな中でも即日完売する物件はあるようです。不動産経済研究所によると「場所と価格を比べて割安だと判断すれば、売れる傾向にある」と、まあ当り前のコメントを述べています。

同研究所の調査では、リーマン・ショックで株価が暴落した今年9月に、即日完売した物件は9物件122戸あったそうです。その中の一つの東京都東大和市にある「グランスイート玉川上水」は、40戸を完売しました。ここは、「玉川上水駅」が最寄りで新宿まで34分。駅から8分で、周囲にはイトーヨーカ堂、ダイエーがあり、買い物にも便利で目の前には公園があるそうです。平均価格の3904万円は周辺マンションに比べると「割安感」があり、それが良かったようです。

でも、「場所と価格」だけではないようです。

今、一番重視されているポイントは「暮らしやすさ」だ、そうです。学校や職場に近く、特売のスーパーがあり、公園などの環境に良いところを選ぶ傾向にあるそうです。昔からそうだったと思うのですが、不景気になり、その傾向がより一層強まったそうです。

なので、一頃大人気だったウォーターフロントの超高層マンションは、人気が下がっているそうです。都心に近く便利そうですが、物価も高く、銀座には近くても特売のスーパーはなく、超高層マンションは10年過ぎると大規模なメンテナンスが必要になり、その時に入居者が多いので住民の意思の統一が取りにくいなどのデメリットが敬遠されているようです。

つまり、「暮らしにくい」のだそうです。

都心に近くて、最寄駅から近くで、暮らしやすい町の物件は大きく値崩れすることはないようなので、そういう場所の物件なら投資価値はありそうです。

人気エリアをとshちえは、新築マンションでは「三鷹」や「等々力」、「二子玉川」など。中古マンションでは都心の一等地のほか、「浦和」や「百草園」、花小金井」など、交通の利便性の良さと物価が安く、かつ居住環境の良い住宅地が人気のようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081108-00000000-jct-bus_all


ビジネス戦略 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/11/09(日)14:54

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。